Tel:073-427-8275

〒640-8135 和歌山県和歌山市鷹匠町1-60map

和歌山 インプラント 口腔外科 和歌山再生インプラントセンター

インプラント治療

足りない顎骨を補う(骨造成)ための様々な処置

(骨移植)ボーングラフト

骨移値(ボーングラフト)は、それほど大掛かりなものではなく、移植する骨も本人の歯槽骨や顎の骨から調達する場合が多いので、手術の範囲も限られています。ただ、ケースによっては、歯槽骨や顎の骨以外からも調達する場合があるので、担当の先生の説明を十分に聞いてください。また、人工の骨補填材等を使用する場合もあります。

1. 前歯部が無くなった場合に、唇側の歯槽骨が吸収を起こし、歯槽骨が薄くなってしまうことがよくあります。そのようなケースを例に挙げて、骨移植によるインプラント治療を説明します。
2. 前歯部が抜けてしまった場合、図のような歯槽骨吸収を示すことが多くあります。
3. 歯槽骨が吸収した部分に移植骨のブロックを設置し、周囲の間隙に粉砕した移植骨あるいは骨補填材を詰めます。移植骨ブロックは、動かないようにスクリューで固定します。
骨ブロックを固定するためのスクリュー。材質は生体材料であるチタンが主流を占めています。このスクリューは移植骨と歯槽骨が同化した段階で除去します。
4. 移植した骨が歯槽骨と同化したら、通常のインプラント治療を行います。
歯槽骨にとってインプラントは、天然歯の歯根と同じような役割を果たし、歯槽骨内に適正な機能圧を加えるので、歯槽骨の吸収を抑える効果も持っているのです。

GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した骨組織を再生させる治療法です。

歯槽骨は歯を支えるための骨で、歯が無くなると急速に衰えていきます。前ページで紹介したGTRの技術を応用して、歯槽骨が欠損した部分も再生が可能となっています。


1.歯槽骨の吸収が著しく、残念にも歯が脱落してしまった部分を、GBR法とインプラントで治療したケースを紹介します。歯槽骨の吸収が激しく、歯根が露出しています。

2.歯が脱落した部分は、歯槽骨の吸収がさらに激しくなります。

3.歯が無くなった部分にインプラントを埋入します。埋入したインプラント。歯槽骨の吸収が著しいので、インプラントの表面も露出しています。専用膜が動かないようにスクリューで固定する場合もあります。

4.骨組織を再生させたい部分に、歯肉等の軟らかい線維性の組織細胞を混入させないために、生体材料でできた専用の膜で骨を作りたい部分を覆います。
GBR法の場含は、GTR法のように歯根膜の再生は必要ありません。再生させたい対象組織が骨だけなので、インプラントを支柱にして専用膜のテントを張ることができれば、比較的容易に骨の誘導再生が可能です。

5.専用膜の設置が完了したら、歯肉を元に戻して骨の再生を待ちます。この期問、術部に必要以上の刺激を与えないようにします。

6.個人差や症例によって異なりますが、数ヶ月で図のように骨が再生されます。

7.骨が再生され、インプラントが生着すると、人工の歯(上部構造)を製作して装着します。

8.歯肉を元に戻した状態です。必要な骨が再生されることで、歯肉の形態も美しくなります。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)とは、何をするのですか?

上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯が無くなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

歯が揃っている時の上顎骨

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

1.歯が無くなると、歯槽骨の吸収が進行します。上顎の場含は、図のように上顎洞の拡大も進行する可能性もあり、歯槽骨はさらに薄くなります。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

2.歯槽骨の骨量が少なくなると、図のように必要なインプラントが埋入できなくなります。

 

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

3.歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入します。この時、インプラントを同時に埋入する場合と、インプラントは骨の造成が完了してから行う場合とがあります。骨があまりにも薄い場含は、インプラントの固定ができないので、後者の方法を選択します。

 

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

4.インプラントが生着したら、人工の歯(上部構造)を製作し装着します。

ソケットリフト

ソケットリフトとは?

サイナスリフト同様、歯槽骨が充分な場合は良いのですが、不十分な時に行う手法です。

サイナスリフトとの大きな違いは、サイナスリフトはシュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を洞底部から剥離して挙上して歯槽骨を確保します。
ソケットリフトは上顎洞のインプラントを埋込む穴の奥に、将来、骨になる物質を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げていき、それが完全に骨になるのを待って、インプラントを埋め込むという点が大きく異なります。

ソケットリフトという治療方法は、上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)の挙上量3mm程度と言われており、応用範囲の少ない方法です。また、ある面盲目的に行う外科手技で、上手くいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、骨補填材等が上顎洞内にもれていないか等)実際に目で確認することができないので、経験と技術の要する大変難しい治療方法です。

ソケットリフト手術の流れ

サイナスリフト同様、歯槽骨が充分な場合はよいのですが、不十分な時に行う手法です。

サイナスリフトとの大きな違いは、サイナスリフトはシュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を洞底部から剥離して挙上して歯槽骨を確保します。

ソケットリフトは上顎洞のインプラントを埋込む穴の奥に、将来、骨になる物質を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げていき、それが完全に骨になるのを待って、インプラントを埋込むという点が大きく異なります。

ソケットリフトという治療方法は、上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)の挙上量3mm程度と言われており、応用範囲の少ない方法です。また、ある面盲目的に行う外科手技で、上手くいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、骨補填材等が上顎洞内にもれていないか等)実際に目で確認することができないので経験と技術の要する大変難しい治療方法です。

STEP1
骨の量が少ないとインプラントが突き出てしまいます。

STEP2
骨になる物質を入れ少しずつ上顎洞粘膜を上げていきます。

STEP3

骨になる物質を入れ少しずつ上顎洞粘膜を上げていき、インプラントの挿入が可能になります。

スプリットクレスト

骨の幅が足りない際の治療法、スプリットクレストとは?

インプラントを埋め込むためには、最低5mm程度の骨の幅が必要です。そのため、歯周病や歯の喪失が原因で骨が必要な量よりも痩せてしまっている場合には、インプラントを埋め込むことが難しくなります。
そのような場合、骨を増やす治療を行いますが、水平的な骨の幅が不足している際の治療法として、スプリットクレストがあります。

治療法

骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入し、二分割して骨を広げ、その隙間にインプラントを埋め込む方法です。インプラントと骨とのスペースには、骨補填剤(患者様自身の骨や人工骨)で満たし、骨を再生させます。

メリット

インプラント本体が患者様自身の骨に囲まれるため、安定し易い。
外科的侵襲が他の骨を増やす治療よりも少ない。

注意点

骨の中に骨髄(血液を作るゼリー状の組織)が存在することが必要。
3mm程度は骨の幅があることが望ましい。
骨質が硬すぎる場合は、治療が難しい。

治療の流れ

STEP1 骨幅が足りない状態

骨が痩せてしまっているために幅が狭く、インプラントを埋め込むことが難しい状態です。
(※スプリットクレストを行う際には、3mm程度の骨の幅が必要です。)

骨幅が足りない状態
STEP2 骨を二分割させる

歯茎を剥離し、特殊な器具で骨に切り込みを入れます。
骨を完全には割らないよう、細いノミを入れ、二分割させます。

骨を二分割させる
STEP3 幅を広げる

徐々にノミを大きくして幅を広げていき、インプラントを入れることができる幅まで広げます。

幅を広げる
STEP4 穴を形成する

骨の幅が広がったら、ドリルでインプラントを埋め込むための穴を形成します。

穴を形成する
STEP5 インプラントを入れる

形成した穴に、インプラントを埋め込みます。

インプラントを入れる
STEP6 骨補填材で満たす

インプラントと骨との間のスペースを、骨補填材で満たし、歯茎を縫合して終了です。およそ3~4ヶ月で広げた骨が固まり、咬む力に耐えられる状態になります。

骨補填材で満たす

骨造成をしないインプラント治療(グラフトレス)

骨造成が必要となる場合とは

重度の歯周病の場合や、長期間歯を抜けたままにしておいた場合等には、顎の骨が痩せてしまうことが多く、インプラント治療を希望した場合に下記のようなことが起こります。

  • インプラントを埋入するための充分な骨の幅が無い
  • インプラントを埋入するための充分な骨の高さが無い

このような場合、審美性の長期的な維持・安定のためといった理由から、多くの症例において骨移植や骨造成(顎の骨を増やす)という外科手術が行われてきました。

しかし、40年以上のインプラント治療の歴史の中で、インプラント製品や材料等の品質が向上したことや、CTやコンピューター・シミュレーションによる精密な診断や精確な手術が可能になったことから、骨移植・骨造成を行うこと無くインプラント治療を行うことができる症例が増えてきました。

このような骨移植・骨造成を行わない治療をグラフトレスと呼びます。
※グラフト(骨移植・骨造成)レス(しない)

骨移植・骨造成のデメリット
  • インプラント手術前に別の外科手術を受けることになる(手術回数が多くなる)
  • 通常3ヶ月~6ヶ月程度で終了するインプラント治療が9~12ヶ月と長期になる
  • 外科手術後の合併症のリスクがある
  • 手術回数や治療期間が長いため治療費も高くなる

グラフトレス・コンセプトに基づいたインプラント治療

グラフトレス・コンセプトに基づいたインプラント治療には、以下のようなものがあります。

ショートインプラント

下顎の神経や血管のある場所に近い部分にインプラントを埋入したい場合や、上顎洞までの骨の量があまり無い場合に、標準的なインプラント(10mm)よりも短い長さのインプラント(ショートインプラント)を使用して治療を行うことが可能です。

以前は長ければ長いほど、インプラントは安定すると考えられてきましたが、インプラントを埋入してから約3~6ヶ月経過して骨が完全に結合すれば、インプラントの長さは関係無いということは、多くの文献で証明されています。

ショートインプラントはわずか5~7mm程度の骨の高さがあれば使用可能ですが、患者様個人の咬合力や口腔内の状態によって使用可能かどうか診断を判断致します。

インプラントの傾斜埋入

インプラントを天然歯と同様に垂直に埋入するためには骨の高さが足りないといった場合において、インプラントを顎の骨に対して斜めに埋入する治療法があります。インプラントを傾斜して埋入することは、より骨質の良い部位にインプラントを埋入できることや、インプラント本数を少なくすること等に大きな優位性があります。

また、骨造成等を行う場合と比べて患者様の負担を軽減することができ、通常のインプラント手術と変わらない治療期間で治療を終えることが可能です。

ただし、適切な位置に傾斜させて埋入するためには、しっかりとした術前の診査と歯科医師の技術力が必要です。

オール・オン・フォー

歯を全て失った方にとって、インプラント治療を行うために骨移植や骨造成を行うことは大変苦痛です。さらにインプラント治療後の治癒期間(約3~6ヶ月)において満足に食事もできない状態だとすれば、インプラント治療を諦めるしかなかった患者様も多いと思います。

オール・オン・フォーとは、全ての歯を失った場合に、必要最少本数である4本のインプラント体をバランス良く骨に埋め込んで力を広く均等に配分することにより、4本のインプラントで全ての人工の歯をしっかりと支えて固定する治療法です。

骨移植・骨造成を行わなくても手術のその日の内に仮歯を入れることができるので、たった1日で食事もできるようになる画期的な治療法です。

抜歯即時インプラント(抜歯即時埋入・即時負荷)

抜歯即時インプラントとは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込むテクニックです。
数年前までは、難しいテクニックとされてきましたが、今では当センターでは、大変多くの症例をこなしており、抜歯即時インプラントは本当に素晴らしい方法であると断言できます。

抜歯即時インプラントのメリット

  1. 抜歯直後は、生体の治癒機転が旺盛に働くため、傷口が治りやすく、また、抜歯した部分の骨も回復が早い。
  2. 抜歯してから、期間が開いてしまうと(例えば、従来のインプラント手術では、5~6ヶ月)、
    骨が垂直的に吸収(溶けてしまう)するが、抜歯即時の場合はそれが起こらない。
  3. 手術に際し、切開・剥離を加えないため、手術侵襲(手術の負担)が減る。
  4. 早期に審美性が回復し、また歯肉縁形態(歯茎の形)が温存されるため、見た目がかなり綺麗になる。
  5. 治療期間が大幅に短縮される。
  6. 抜歯と同時にできるので、手術の回数が減り、患者様の負担も減る。

即時荷重インプラント

インプラントをしたその日に、歯が入り、また、咬むこともできるインプラントです。ただし、骨の質があまり良くない場合(例えば骨がすごく柔らかいとか)は、できません。専門的に言うと、インプラントを埋入した時の力(埋入トルク値)が35~40Ncmあれば大丈夫です。即時荷重インプラントが可能であれば、患者様にとって大きな福音となります。患者様のQOLも大きく向上します。

オール・オン・フォー(All-on-4)とは

オール・オン・4(All-on-4)とは

オール・オン・フォー(All-on-4)とは、名前の通り4本のインプラントで全ての歯を作ってしまうというものです。
顎の骨が無くてもインプラントを埋入した日に全ての歯が装着できる最新の術式です。従来であれば大掛かりな骨移植や上顎洞底挙上術(サイナスリフト)が必要でした。

現在の所、この術式を実施できる医療機関は極めて限られています。また、日本人の場合、骨が弱かったり骨の量が少なかったりする場合が多いため上顎(あご)への適用は難しいとされていますが、当センターでは、Nobelbiocare社のインプラントシステムと歯科用CT解析により、この最新術式のオール・オン・フォーを上顎に対しても安全確実に実施しています。

執刀医はオール・オン・フォー考案者であるポルトガルのDr.Paulo Maloに、この手術のCertificateを受けております。

オール・オン・フォー(All-on-4)のメリット

1.可能性の拡大

オール・オン・フォーは前歯の部分にインプラントを埋め込みますが、前歯の部分は骨がしっかりあるので、ほとんどの場合、インプラントができます。

2.身体的負担の軽減

サイナスリフトや神経移動術をしなくて良いため、手術の身体的負担がものすごく減ります。

3.即時性

手術の当日に固定式の歯が入るため、通常のインプラントのように歯が入るまで数ヶ月待つ必要がありません。

4.経済性

通常は上顎、下顎ともに8本程度のインプラントが必要になり、インプラントの本数が多くなります。オール・オン・フォーは下顎で4本、上顎で4本(場合によっては5~6本)のインプラントで済むので経済的です。

5.優れたデザイン性

かぶせる歯(上部構造)のデザイン上の自由度が大きいため、審美的にも綺麗な歯が入ります。

治療の流れ

オール・オン・フォーの治療の流れは主に下記のようになります。

1.初診

口腔内の検査、レントゲン検査、治療法、費用、期間等の説明を行います。

2.型取り

オペ当日に入れる義歯を作るための型取りを行います。
義歯製作のため必要があれば、このステップは2回かかることもあります。

3.手術

オール・オン・フォーのオペをします。麻酔専門医による静脈鎮静法も行います。
オール・オン・フォーによるインプラント植立後、義歯を入れます。

4.第一調整・消毒

手術の次の日に、お越し頂き、咬み合わせの調整と消毒をします。

5.抜糸

手術からおよそ10日で抜糸をします。

6.第二調整

必要に応じ、義歯の調整をします。

7.最終型取り

手術から6ヶ月後に最終的な型取りをします。

8.義歯のセット

最終的な型取りから3~4週間後に最終的な本番の義歯が入ります。

9.アフターメンテナンス

オール・オン・フォーもアフターメンテナンスが大事になります。その後は、3~6ヶ月に1度のメンテナンスに入ります。

手術の流れ

オール・オン・フォーの手術の流れは主に下記のようになります。

STEP1
オール・オン・4の手術の流れ

切開してフラップを剥離したら、2mmのツイスト・ドリルを使用して、正中線に約10mmまで穴を開けます。

STEP2
オール・オン・4の手術の流れ

2mmのツイスト・ドリルを使用して、最大45度に傾斜角を付けて、適切な深さまで穴を開けます。

STEP3
オール・オン・4の手術の流れ

使用するインプラントのタイプと骨の密度に応じて部位を拡大して、インプラントを埋入します。
もう一方の臼歯部にも同じ術式を繰り返し実施します。

STEP4
オール・オン・4の手術の流れ

前歯部を2ヶ所形成します。両者の位置を可能な限り離し、なおかつ、臼歯部のインプラントの先端からの距離を十分に確保するようにします。

STEP5
オール・オン・4の手術の流れ

縫合後、シリコンの印象材と各個トレーを使用して印象を採得します。

STEP6
オール・オン・4の手術の流れ

出来上がった補綴物を、スクリューで固定します。
その後、すぐにものを食べることができます。

pagetop