診療案内|和歌山|松平ハタ医科歯科クリニック インプラントサイト

〒640-8135
和歌山県和歌山市鷹匠町1-60

メニュー メニュー

診療案内

当院のインプラント治療

失った歯の機能を取り戻すために、インプラント治療を率先して取り入れています。顎が痩せてしまい手術が困難な方に対しても、骨移植やGBR、ソケットリフト、サイナスリフトなどの技術を用いて対応することが可能ですので、お気軽にご相談ください。

治療を成功に導くためには、手術前の顎骨の詳細な診査・診断をし、シミュレーションをすることが大切です。そのために、当院では立体的にお口の状態を確認することができる歯科用CTを導入しています。撮影データを基に術前のシミュレーションをおこない、治療計画を策定していきます。

また、「清潔な手術環境を用意する」ということも、インプラント治療において欠かせないポイントです。インプラント専用の手術室を設け、患者さまがリラックスして治療に臨めるような環境を整えています。

外科処置を伴うため「治療が怖い」と感じている方もいらっしゃると思いますので、治療時にはうたた寝したような感覚になる静脈内鎮静法を実施します。全身状態を細かくモニタリングしながら治療を進め、できるだけ身体に負担をかけないよう配慮しています。

医科歯科連携について

インプラントは、お口の機能を取り戻すためのリハビリテーションの一環としても重要な治療です。「入れたら噛めるようになる」ということではなく、医療従事者と患者さまが協力して噛めるように取り組んでいくことが大切になります。

当院は、医科歯科併設のクリニックとして、医学的な視点から術前の口腔内・全身のメディカルチェックや手術時の静脈内鎮静のリスク回避に取り組んでいます。さらに、口腔内の疾患の診断・治療につながる各種検査や抗生剤などの点滴の施術もスムーズに行うことが可能です。

インプラント治療は患者さまのお口の機能を改善することが治療の目的です。しかし、医院側が一方的に治療を提供するだけでは実現することができません。機能不全に陥っている顎機能をインプラント治療で補い、オーラルリハビリテーションをしていきます。

オーラルリハビリテーションのためのメンタルチェックも事前に行い、できるかどうかの判断をしたうえで治療を進めていきます。ただ治療を受けるのではなく、歯を失う前のように話したり、噛んだりできるよう、患者さまに率先して治療に取り組んでいただける状態を目指します。

インプラント治療シミュレーション

できる限りリスクの少ない手術を提供するために、顎骨を撮影したCT画像を基に、インプラントを入れる位置や角度などを、コンピュータ上で事前にシミュレーションします。細かい精度で埋入位置を決定し、治療時のリスクを軽減できるよう心がけています。

当院では、デンツプライ社のシミュレーションソフトを使用しています。CT画像を使用してお顔や顎骨、神経の位置が示された3D画像を作成します。作製した画像を使用して治療の説明をすることで、患者さまも治療に対する理解を深めていただけると考えています。画像による治療計画の策定や手術のイメージトレーニングをすることも可能です。

患者さまにできるだけ負担を与えないためにも、精密な検査とシミュレーションができる環境を整えています。

静脈内鎮静法とは

歯科恐怖症の方や一度に複数歯の治療を希望される方には、手術中の痛みや緊張を和らげる静脈内鎮静法を行っています。インプラント治療は外科処置を必要とするため、治療に伴う痛みなどに不安を抱えている方が少なくありません。そのような方でも治療が受けやすくなっています。

静脈内鎮静法とは、気分がリラックスさせる作用のある点滴薬を使用して、患者さまの不安や緊張を和らげるというものです。全身麻酔のように意識がなくなるということはなく、うたた寝したような感覚になります。歯科麻酔科の歯科医師が患者さまの全身状態を詳細にモニタリングしながら、よりリラックスしやすい状態にしていきます。

治療を終えて10~15分ほどで麻酔前の状態に戻ります。治療後少し休んでいただいてから帰宅していただけるよう配慮しています。多少ふらつくことがありますので、静脈内鎮静法を希望される方は、手術当日、自転車やお車での来院は控えてください。

(骨移植)ボーングラフト

インプラントは顎骨に直接埋め込むため、骨の量が少なかったり、厚みがなかったりすると治療ができないケースがあります。当院では顎骨が少ない方でも治療できるように、骨造成治療で状態を整えていきます。その方法の一つがボーングラフト(骨移植)です。

ボーンクラフトは、患者さま自身の歯槽骨(顎骨と歯牙を結ぶ骨)や顎骨本体から移植する骨を調達して、薄くなっている骨の再生を促す方法です。ケースによっては顎以外の場所の骨や人工の骨補填材などを使用することもあります。

移植した骨が歯槽骨と同化して必要な量の骨ができたら、インプラント治療が可能になります。インプラントは天然歯の歯根と同等の役割を果たすので、歯槽骨の吸収を抑える作用も持っています。

GBR(骨誘導再生)

インプラント治療を行う際には、土台となる歯槽骨に一定の厚みが必要になります。5ミリ以下の場合には治療が難しくなるのでGBR法で必要な骨を造ります。骨誘導再生とも呼ばれ、欠損した歯槽骨や顎骨などの再生を促す治療方法です。

まず歯を失った部分にインプラントを埋め込みます。次に、インプラントをスクリューで固定し、生体材料でできた専用の膜で骨を作りたい部分を覆っていきます。インプラントを支えにして専用の膜でテントを張ることで、骨の再生を誘導することが可能です。

個人差や症例によって骨の再生にかかる期間が異なりますが、骨が再生しインプラントが定着したら、上部構造を作製して装着します。必要な骨が再生されることで、歯肉の形もきれいに整えられます。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎の骨が薄過ぎてインプラントが固定できないと判断した場合には、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)という骨移植をしていきます。骨がなじむまでには3ヶ月~半年ほどかかりますが、必要な骨が出来上がってからインプラントを入れることで、人工歯を安定させることが可能です。

上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる空洞があります。その空洞を移植骨や骨補填材で押し上げるようにして、インプラントを入れるのに必要な骨を造成していきます。時間はかかってしまいますが、きちんと骨を定着させることができるので、その後も問題なくインプラントを使用していただけます。

ソケットリフト

サイナスリフトと同じように、歯槽骨が不十分な場合に行う骨造成法として、ソケットリフトがあります。サイナスリフトとの大きな違いは、骨の移植と一緒にインプラントも埋入するため、お身体にかかる負担が少ないということです。

ただし、ソケットリフトは治療箇所の骨が少なくとも3~5ミリないとできない治療法です。適応可能範囲が少なく、また施術が成功したかどうかを実際に目で確認することができないため、知識と技術を要する方法となります。

事前の診査・診断を基に、ソケットリフトとサイナスリフトのどちらが適しているのかをきちんと判断したうえで、治療を進めていきます。

スプリットクレスト

インプラントを埋め込むためには、少なくとも5ミリ程度の骨の幅が必要です。歯周病や歯を失ってしまったことが原因で、骨が必要な量より痩せてしまっていると、治療が困難になってしまいます。そのような場合に適した施術として、スプリットクレストがあります。

スプリットクレストは、骨の先端部に専用の器具を挿入して骨を二分割にし、その間にインプラントを埋め込むという方法です。患者さま自身の骨でインプラントを包み込むような形になるので、安定しやすいのが特徴です。インプラントと骨の隙間には、骨補填材を使用します。

ただし、こちらの治療法も注意しなければいけない点がありますので、事前の診査・診断が重要になってきます。

骨造成をしないインプラント治療(グラフトレス)

製品や材料の向上や、歯科用CTなどによる精密な検査が可能になったことで、骨移植や骨造成をしなくても対応できるケースが増えてきました。このように、骨移植や骨造成をせずに実施するインプラント治療を「グラフトレス」といいます。

当院では、診断結果を基に、高さの低いインプラントを使用したり、斜めにインプラント入れたりするなど、骨造成以外の方法でインプラント治療を進められる体制を整えています。さらに、すべての歯を失ってしまった方には、4本のインプラントを入れて、そこに入れ歯を固定する「オール・オン・フォー」を紹介しています。興味のある方はぜひご相談ください。

即時荷重インプラント

即時荷重インプラントとは、手術をしたその日のうちに歯が入り、噛める状態を目指せるインプラント治療のことです。通院回数を少なくすることができ、患者さまの負担も軽減できるという特徴があります。オール・オン・フォーも即時荷重インプラントの一種です。

その日のうちに噛めるようになるのでとても魅力的ですが、もちろんデメリットも存在します。その一つとして、手術時間が長くなってしまうということが挙げられます。

この他、「骨の量や質が良好でないと受けられない」「健康状態に問題のある場合には、医師と相談が必要」など、すべての方に受けていただけるとは限りません。希望される際には、診査・診断を十分に行ったうえで、治療ができるのかをお伝えします。

抜歯即時インプラント

ブリッジや差し歯が悪くなって抜歯をすると、歯茎に穴が空いてしまいます。通常、抜歯をして穴がきれいに改善されてから治療に移るので、治療の開始まで2~6ヶ月ほど時間が必要です。しかし、すぐに実施できる治療法として、抜歯即時インプラントがあります。

一度の治療で抜歯からインプラントの埋入までするため、患者さまの負担を軽減することが可能です。さらに、抜歯と同時に埋入するため、治療期間を短縮することができます。

ただし、こちらの治療もすべての方にできるとは限りません。お口の状態によっては難しい場合がありますので、希望される方は一度ご相談ください。