インタビュー|和歌山|松平ハタ医科歯科クリニック インプラントサイト

〒640-8135
和歌山県和歌山市鷹匠町1-60

メニュー メニュー

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

「デメリット」まで理解したうえで、治療に臨んでいただきたい

歯を失ってしまった際の治療として、インプラントはとても魅力的なメリットがあります。しかし、そのメリットばかりに目が行きがちで、デメリットを理解せず治療に臨まれる方が少なくありません。

そのため、患者さまには、事前の説明・カウンセリングでデメリットについても詳しくお伝えしています。そして、メンテナンスの重要性もお伝えするので、理解・納得していただいたうえで治療を受けていただきたいと思います。

これまでに「治療が難しい」と判断された方でも、できる可能性がありますので、まずはご相談ください。十分に診査・診断を行ったうえで治療を進めていきます。

松平先生は、インプラント治療を得意とされていますが、なぜ力を入れて学ばれたのでしょうか?

私は大学病院に残って歯科口腔外科について深く学び、日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医の資格を取得しました。その資格を十分に活かせる治療として、インプラントに力を入れています。

インプラント治療は外科的手術療法を伴います。外科処置に必要な知識を十分に培っていることはもちろん、治療のためのトレーニングも多く積んできました。手術だけでなく、骨造成などに関する研鑽も十分に行ってきましたので、患者さまの症状に適した治療法を提供することも可能です。

もちろん、すべての方にインプラントが適しているというわけではありません。その判断をするために必要な知識も十分有しています。当院は医科と連携しながら行っていますので、きちんと診査・診断をしたうえでより良い治療法を提案いたします。

インプラント治療は診査・診断が重要になると思いますが、その過程でインプラント治療をおこなわないと診断される場合もあるのでしょうか?

お口の状態によってできない場合はもちろん、患者さまのメンタル面なども考慮して治療をしないと判断することがあります。インプラントはあくまでもお口の機能を取り戻すリハビリテーションの一環だと考えています。そのため、ただ入れて終わりではなく、その後医療従事者と患者さまが協力していくことが大切です。

当院では、治療を希望される方のお口の確認だけでなく、医科と連携してメディカルチェックやメンタルチェックまで事前に行います。その方に関する情報を多くお取りしたうえで、本当にインプラントが何よりも良い選択肢なのかを判断していきます。場合によっては、義歯の方がその方に適していることもあるので、診査・診断をとても重視しています。

メディカルチェックのお話が出てきましたが、医科歯科連携について詳しく教えて下さい。

歯科の分野から医科歯科連携のメリットを考えると、インプラント手術前のメディカルチェックや手術時の静脈内鎮静に伴うリスクを回避することができるということがあります。歯科口腔外科分野の疾患における診断・治療につながる血液検査、抗生剤や栄養などの点滴もスムーズに実施することが可能です。

また、医科の分野からしても、抗がん剤や放射線治療による口内炎の改善や予防、さらに脳卒中における摂食嚥下障害に対する作用など、多くの面で連携することのメリットがあります。

インプラント治療を検討されている方に知ってほしいことはありますか?

インプラント治療は「きちんと噛めるようになる」「自然な見た目に仕上がる」など、メリットに注目されがちです。しかし、患者さまにはデメリットについてこそ、十分に理解していただきたいと思います。

例えば、一度手術をすればその状態をいつまでも維持できるとお考えの方がいらっしゃいますが、メンテナンスを怠ると逆にお口の環境を損なってしまいます。周辺の歯茎が炎症を起こしてしまうインプラント周囲炎を発症させると、インプラントが抜け落ちるだけでなく、痛みも伴いかねません。

そのため患者さまには、事前のカウンセリングでデメリットとメンテナンスの重要性について、時間をかけて説明するようにしました。もし内容を理解していただけない場合には、治療をお断りさせていただくこともあります。デメリットに関しても十分に理解・納得したうえで、治療に臨んでいただきたいと考えています。

先生が考える「歯」とは?

あくまでもインプラントは人工物ですので、生まれ持った天然の歯には勝てません。特に、噛み心地という点で天然の歯に劣ってしまいます。天然歯の場合、歯根膜という噛み心地を司る膜がありますが、インプラントにはそれがありません。そのため、天然歯のような噛み心地を再現することはできません。

歯を失ってしまった場合の治療としてインプラントはとても魅力的ですが、まずはご自身の歯を維持することに取り組んでいただきたいと思います。それでも歯を失ってしまった際には、患者さまの生活の質を高めるためにも、インプラント治療でサポートしていきたいと考えています。